10内定者の薄井充亮(うすいみつあき)です。


今回も若林くんに続き、

「オフィスバスターズのここで入社を決めた!」をテーマに書きたいと思います。



私はオフィスバスターズの事業に魅力を感じ、入社を決めました。もちろん、他にも魅力に感じる部分もあり、これだけが理由というわけではありません。


選考当初、「オフィス家具のリユース」、「リユース業界は伸びている」などの説明を受けても、あまり理解できなかったのが正直なところです。


しかし、選考当初から全くの直感ですが、「この企業はおもしろそうだな」と感じ、惹かれていたのも事実です。


その後、その思いは選考を進むごとに強まっていきました。特に仕事を体験できるインターンを経験することで、オフィスバスターズについての理解が一層深まりました。


そしてオフィスバスターズの事業を通じて以下のことができると考え、入社を決めました。


1、事業を通じての社会貢献

2、「リユースNo1総合商社」を目指すことで、自分の力に挑戦できる場所がある


1については、リユースを率を上げることで循環型社会を形成できます。それが、地球環境に良い影響を与えるので、やりがいにもつながります。


2については、これからオフィス家具だけでなく様々な領域でリユースを進めていくので、自分のやる気と実力さえあれば、新しい領域を開拓することも可能です。



これから選考を通じて、よりオフィスバスターズに対する理解が深まると思います。

その中で、きっとみなさんもオフィスバスターズの魅力に気付くと思います。