こんにちは 2011年度内定者の前島 良輔です。

今回は 就職とOB(オフィースバスターズ)というテーマで書かせていただきたいと思います。あまり固い性格ではないので、読んでいただける人にも気楽な感じで読んでいただけたらと思いますにひひひ


まず、初めに自己紹介!!


前島 良輔 (23歳)

筑波学院大学(私立) 国際コミュニケーション学部

趣味: 旅行・フットサル・サッカー


簡単な生い立ち

小中高とサッカーを続け、大学時はフットサルに転換。

大学時は勉強よりも、いかに4年間を楽しめるかを目標にし過ごす。

補足:ちゃんと勉強もしました。

夏休みを使い友達と軽いノリで北海道まで自転車で行ってみたり、マク○ナルドでハンバーガー100個たのんで、食べてみたり、旅行に行ってみたり……ほかにも色々。

旅行は好きで日本・海外と行ったのですが、OBに内定を頂き、内定者・OBの方々海外や旅行が好きな方が多くてとても驚きました。

OBに内定を頂き、とてもよい同期と社員の方々と仕事ができることを楽しみにしています。


就職とOB

 

 私は就職活動をするにあたり、物を動かす仕事をしたいと考え商社・運輸・食品業界などを主に受けていました。


 

   「鉄砲も数打てば当たる」とよくいいますが、これはです。ガクリ

自分も就職活動時初めはとにかく興味のある企業の説明会へたくさん出向き、1社でも多くの企業を受けようと考えていました。しかし、目標が見えていない鉄砲ではいくら打ったところで当たるはずがありませんでした。

 自分のやりたい仕事・将来像は定まっていたものの、この会社でなければいけない理由が自分には欠けていたように感じます。説明会でいろいろな会社の人事の方を見て、「この会社は入りたくないなぁ~」とか、魅力を感じない会社をいくら受けたところで本当の熱意は伝わらないはずです。


 

    そんな中出会ったのが、オフィスバスターズ!!きらきら

     きっかけは、5月の説明会に参加したことです。


OBに魅力を感じたのは、OBの行っている事業はもちろんのこと、1番はOBで働く人です。自分の大学は無名校で、一部では「大学で就職が決まる。」という説はありますが、そんなこともないようです。

 とても、嬉しかったことはOBでは「一人一人をじっくりと選考すること」です!!

他社をいろいろと受けましたが、2次面接に社長・社員の方々と話すということはどの企業でもなかったのでとても驚きました。


      その2次面接で今でも印象に残っていることがあります。


社長・社員の方々とフランクな感じでのグループ面接だったのですが、最後に社長に「今、サークルで副部長をしてじていて一人一人考え方・性格が違い、まとめるのが大変です。社員の数も多い中、社長はどのようにまとめられていますか?また、なにかアドバイスがあればよろしくお願いします。」と、質問したところ


社長はまとめようと固くならずに、社員・サークル生を家族のように思えばいいんじゃないかな」


と、答えてくれました。 家族のように気楽に、壁を作らずに接することが大切を教えていただきました。

 どの企業も、最終面接に社長・取締役の方々出てくるという感じでしたが、忙しいなか、選考の早い段階で入社もしてない生徒と話す姿勢は自分にとって、ひとりひとりをしっかりと選考しているんだなという印象を持ちました。

 

 ほかにも、選考中に何度かインターンをさせていただき行った店舗の店長に選考中に出された課題について相談したこともありました。親身になって聞いていただき、とても嬉しかったです。

   


      これが、私のOBの人に強く惹かれ就職を決めた点です。



 もしあの時に説明会に参加していなかったら自分はこのブログは書いてなく、まだ就職活動をしていたかもしれません。

 来年度、就職活動を控えているみなさんへは、なるべく多くの説明会に参加し自分により合った企業、強く働きたいと感じる企業を見つけてもらいたいと思います。溜め息

 その熱意が強ければ強いほど企業へも伝わると思います。今は、企業研究をしていると思いますが、自分磨きも怠らず、面接時に自分をアピールできるポイントをひとつでも多く作ることをおススメします!!

         

      就職活動は、はっきりいって気分が落ちます落ち込み 


今のうちに凹んだ時ようにリラックスできる趣味を見つけておいたり、友達と騒いで しっかりと充電しておいてください!いま就職は、楽ではないと思いますが、気を落とさずに、楽しんで就職活動をおこなってください!ガッツ


      最後まで見てくださりありがとうございました!!