こんにちは。今回、担当させてもらう内定者の加藤由樹です。
今回は簡単な自己紹介と、自分の就職活動での事を書こうと思います。
まずは自己紹介。
名前は加藤由樹(よしき)です。
よく、名前の漢字だけみて女性と勘違いされますが(ゆきと読めるので)男です。
愛知県の豊田市にある愛知学泉大学 コミュニティ政策学部 という大学にいます。
コミュニティ政策学部って何?という人が多いと思いますが、それはまた次の機会にしますね。
さて、最初の自己紹介で色々話すぎると、後々ネタが無くなるといけないので、自己紹介は今回はこの辺で置いときます。
続いては就職活動についてですね。
いきなり何を言うんだと思うかもしれませんが、私は就職活動がどんな物か、よくわかっていないです。
なぜなら、オフィスバスターズしか試験を受けませんでしたから。エントリーだけでも10社行ってません。
元々、教員志望でしたが、就職活動をしたことない人が教員になっても、就職指導できないな、と思い始めたのが就職活動です。
そんななか、オフィスバスターズでのインターンや面接を進めるなかで、徐々に感じ始めたのが、「この会社で自分がどこまでやれるか試してみたい」という思いでした。
正直、途中でオフィスバスターズの選考を投げ出そう、辞退しようとも考えました。
けれど、採用するかしないかもわからない学生にたいして、真摯になって対応してくれる企業は、他には無いだろうと思いました。
要するに、自分が皆さんに伝えたいのは、「そこに就職して何がしたいのか」という思いを持って、臨むことが大事だと言うことです。
何かひとつ、自分自身の芯になるものを見つけて、それを具体的な言葉で表現することが、鍵になると思います。
オフィスバスターズの選考に限らず自分自身にしっかりと芯を持って、就職活動、頑張ってください。
それでは失礼します。
加藤由樹でした~。