皆さん、はじめまして。今回の内定者ブログを担当します

神尾 圭亮(カミオ ケイスケ)と申します。宜しくお願いします:)



まずは、簡単に自己紹介からさせてもらいますね。


大学は明星大学人文学部国際コミュニケーション学科、細谷ゼミです。

趣味は・・・

読書(本田健さん、重松清さん、ゲッツ板谷さんの本が好き)

音楽鑑賞(初期パンクを中心にロックを好みます)

スポーツ観戦(主にラグビー、野球)

筋トレ

海外に行く事



ってな感じです。

ま、こんなんじゃわからないと思うんで機会があったら話しましょうビックリマーク



さて、就活のお話をします。




正直悩みまくっていた就活でした。教員になりたいという思いもあったり、


遊びたいよ~呑みたいよ~と思ったり


最終面接で落ちたて凹んだり・・・そんなこんなでエントリーだけなら40社はさせてもらいました。



オフィスバスターズの事を話しましょう。

皆さんは面接練習をしましたか??自分も何回かやりました。


けれど、うちの会社の面接では、面接練習で聞かれるようなことはほとんど聞かれません。

そこでまず自分は「おや?」と思ったのを覚えています。

何を聞かれたのかは、実際に選考に進んでみてください。


ただ、どの社員さんと話しても、みんな「本気」で仕事をしているように感じました。

さらに、みんながOBの仕事に自信と楽しさを見出しているようでした。


僕の中で、仕事は「辛いけど生活の為にやるしかない」みたいな固定観念があったのですが

OB社員との面接でそれはないという事がわかりました。そして、その思いはOBでしか感じられないと思ったのです。いわゆる「やりがい」というやつです。



そして、「おや?」から「この会社に入りたい!!」という思いに変わったのは

面接の回数です。他の企業より断然多いです。

そして「神尾 圭亮」という人間を見てくれました点です。



本当にOBの選考では、たくさんの社員さんと接する機会があります。

正直、某W大学や某K大学ではない自分は、面接に自信がありませんでした。

「下手したら撥ねられる」と思っていたのです。学歴がないから変なこと言ったら・・・という恐怖です。



けれど、OBでの面接では「お前が思っていることを素直に言ってほしい」

と、どの社員さんにも言われました。お互いに腹を割った話し合いができたのです。


履歴書に書いてある事や学歴だけじゃなく、ちゃんと一人の人間として

正面から向き合ってくれる。だからでしょうね。この会社で頑張りたいと思ったのは。


トータルすると、OB社員の魅力に惹かれたのです。

そして縁があり、こうやってブログを書かせてもらってます。


まとまりがない、稚拙な文章でしたけど、OBはまだ若い会社で、リユースという今後伸びしろのある分野を仕事にしています。


皆さんがどういう分野を志望、選択するかはわかりません。

けれど、会社を建てたのも、一緒に働くのも同じ人間です。という事は、熱い人間や

魅力ある人の元で働いた方が楽しいと思いませんか??


どうか焦らず、自分がやりたい事、どういう人と働きたいのかしっかりセルフイメージを持って

下さい。

縁があったらお会いしましょう。