二度目まして、こんにちは!内定者の浅見圭祐です!

前回はOBの魅力について語らせて頂きました。

私以外の三人のブログを読むことで、より一層OBの魅力を分かって頂けたと思います。

なので!今回は他の三人と同様、私も就職活動において大切なことを少しばかり語らせて頂こうかと思います。

「確固たるビジョンを持つ」

私は就職活動を始めたばかりのころは、「ばりばり仕事をしたい」や「周りよりも成長したい」など、ふわふわしたイメージしかもっていませんでした。

この状態で受けた企業はほとんどからお断わりされました。

何度も面接を繰り返して、色々な人の話を聞くうちに、「仕事ができる人」、「周りから欲しがられる人」の要素がだんだんと分かってきました。

もちろん、要素というものはいくつかあり、私も分かっていない部分もたくさんあるのですが、その要素のとても大きな部分の一つに「確固たるビジョンを持つ」ということが挙げられると思います。

これは何に対しても言えることだと思うのですが、パフォーマンスが高い人というのは、行動を起こす前に具体的なビジョンを描き、そこまでの道筋を実現可能な範囲で行動に落とし込んでる、と私は思うのです。

就職活動でこれが少しでもできているのか、考えているのか。それを見ている面接はきっと少なくないと思います。

もちろん、業界研究、企業研究をしたところで知れるところはたかが知れてます。その業種、企業で具体的に未来を想像するのはとても難しいことだと思います。

しかし、私個人的にはそれでいいのではないかと思います。分からないなんてこと、なにより面接官の方が分かっているはず。時に的外れなことを言ったり、夢物語でも描いてみればいいのではないでしょうか。

そして、面接という場においては、自分なりに描いたビジョンを情熱的に伝えることがなにより大切なのではないかと思います。