こんにちは。2018年卒内定者の関口裕也(せきぐちゆうや)です。

卒論に追われながら、最後の学生生活を楽しみつつ、終わってしまう悲しさも感じながら日々生活を送っています。

 

さて、就活エピソードということでこれから就職活動を始められる皆さんの

少しでも役に立てばと思い少し話します。

 

【とにかく動いてみる事】

就職活動をいざ始めようと思っても、なかなか何から始めたらいいんだろう?

インターン?自己分析?ES? 面接対策? 何から手を付けていいかわからないですよね(笑)

僕は、どんなことでもいいので少しの勇気を出して、やってみることが大事だと思います。

 

実際、ぼくも初めてインターンシップに参加した時は、とても緊張しました。

しかし、「隣にいるのも同じ大学生だ」と思ったら少し気持ちが軽くなりました。

また、他の人も頑張っているし僕も頑張ろうという気持ちになってやる気も出ると思います。

 

そして、そうしたところで出会った人から、就職活動の情報を聞くことが出来たり

就活の軸を聞いたりして新たな考え方や、価値観を知り自分の考えの幅を広げることにもつながると思います。

 

やってみないと分からないこと、やってみると分かることは、間違いなくあります。

また、動いてみて経験をすると自分に足りないところや、次にやるべきことも見えてくると思います。

 

僕の話をすると、就職活動をしている時大学の友達に「就職活動のイベントあるから行こう!」と誘われ、

僕も参加したことがなかったので、経験だと思ってその時は参加しました。

結果から話すと、僕はそこでオフィスバスターズに出会いました。

本当に、何が起こるか分かりません(笑)

これは、珍しい例だとは思いますが、何をしようと迷っている時間があったら

ぜひ動いてみてください!貴重なチャンスを逃しているかもしれませんよ(笑)

 

 

最後に、これから就職活動をされる皆さん

就職活動中は、いろんなことで悩み辛いこともあると思いますが

そんなときは、ぜひ友達や家族に相談して一人で抱え込まず頑張ってください!

皆さんの就職活動が納得いくものになるよう祈っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。