こんにちは!

2019年卒内定者の申景美(しんきょんみ)です。

私は4年生の6月まで就職活動をしていました。

少しではありますが、私が就職活動を通し学んだことを皆さんにお伝えできればと思います。

まず、就職活動では

①知る事は武器

②相手はそれほど弱みに興味がない

という2点をしっかり理解する事で上手くいくかいかないかが変わると思います。ではこの2つはどういう事なのか説明していきたいと思います。

まず、①知る事は武器。

これはどんな些細な事も少しでも知っていると有利になるという事です。

知る事や知識を付ける事は自分を守る武器となるのです。就職活動では実際に人事のお話を聞ける勉強会に参加したり、毎日、新聞を読むなど日々知る行動が皆さんの武器となると思います。

次に、②相手はそれほどあなたの弱みに興味が無い。

面接をする際、自分の弱みを見破られるのではないかとびくびくしてしまう事はありませんか?失敗したら?覚えていた事が飛んでしまったら?たくさんの不安があると思います。

ですが、面接官はあなたの弱みなどそれほど興味が無いのです。興味があるのはあなたの強みです。

だから、私は皆さんに自分の強みを自信満々に語ってほしいと思っております。自身に満ち溢れた人はとても輝いて見えます。会社はそんな輝いた人たちに働いてほしいと思っていると実感しました。

私は就職活動を通しこのようなことを学びながら内定を4ついただきました。

オフィスバスターズ以外の会社は正直内定をいただいてももっといい会社があるのではないかと思いずるずる就職活動を続けていました。

ですが、オフィスバスターズに内定をいただいた時は必ずここで働きたいと思いました。そう思った理由は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は「人」がよかったからです。

「人」がいいとは優しいだけではないと思います。優しいのはほかの会社でも同じです。ですがオフィスバスターズは皆さん個性があり一緒にいてすごく楽しいと感じました。そして尊敬できる人が多く、そんな人たちと一緒に働きたいと強く思いました。

そして2つ目はWinwinの関係に惹かれたからです。

オフィスバスターズは大手企業から不要物を買い、中小企業に必要なものを売り、会社にも利益を上げる事ができる、これはみんなが幸せになるWinwinの関係だと思いそこに1番惹かれました。

皆さんも様々な会社に訪問し私と同じように必ずここで働きたいと思う会社に巡り会えることを祈っています!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。