こんにちは!
2019年新卒の 新井 正人(あらい まさと)と申します。好きな女優は柴咲コウさんです!

今回は「私の就職活動日記」という事で、就職活動を行っている皆さん、これから始めるみなさんのお役に少しでもたてたらと思っております。
お時間のある時に読んでいただければ幸いです。

さて、私が就職活動を本格的に始めたのは大学4年生の5月上旬でした。私たちの就職活動の解禁は3月からだったので約2か月遅れでのスタートになりました。
遅れた理由はアルバイトのし過ぎです。心の中ではまだ大丈夫と当時は思っていました。
学校側からはまずはインターンシップに行ってみたらとアドバイスを受けましたが既に2年生の夏に2社行っており、ここでも大丈夫だろうと考えていました。
そのインターンシップも「就職活動に向けての準備」ではなく「ただ単位を貰えるから」という意識でした。
とにかく就職活動に関しては私の意識も低く腰も重かったです。
ですが5月以降になると友達やゼミの仲間は面接を行っていると聞き、そこで初めて焦りと意識改革を始めました。ここからは怒涛の就職試験ラッシュでした。

ここで私からアドバイスできるとすれば「行動する事」です。ただ動くのではなく考えて動く事です。
自分は何がしたいのか、どういった職業が向いているのか、自分はどんな性格でどの企業にあっているだろうか等々…
毎日考えるという事は正直無理でめんどくさいです。なのでせめて友達との会話の中や合同説明会などで「就職」というキーワードがでてきたら考えてほしいです。

私がオフィスバスターズの面接を受けたのは7月上旬でした。そのころには内定はいくつかいただいていましたが就職活動は続けていました。
そこで面接中に担当の方から「なんで内定あるのに就職活動してるの?」と質問がありました。
正直なんて答えていいのか全く分からなかったです。
確かにその通りです。自分の本当にやりたい事は何なのか、全くわかっていませんでした。
そこから自己分析をはじめ、担当の方と相談し少しずつ自分の将来を考える事ができました。

皆さんは自分が将来どうなりたいのか考えた事はありますか?もし考えた事がない方がいるなら、今から少しずつでいいので考えてみてください。
決して遅くないので安心してください。

私は就職活動が嫌いでした。熱い中スーツを着なければいけないし、面接は緊張するし、結局落ちるし。
しかしオフィスバスターズと出会い、嫌いではなくなりました。将来の自分を形成する上で最も大事な瞬間だという事を教えてくださいました。
なので皆さんも嫌だというイメージがある人は自分の将来や過去を振り返って、この先の人生の事を少し考えてみてください。
そうすればおのずと一歩踏み出せると思います。まずはどんな企業でもいいから足を運んでみる事もいいかもしれません。
私はオフィスバスターズの事なんて何も知らないし調べもしないで説明会と面接を始めました…。今ではいい思い出です。

最後まで目を通していただきましてありがとうございます!
大丈夫!就職活動頑張ってください!