初めまして、19新卒の 野戸 清彦(のと きよひこ)と申します!
内定者ブログという事で、私の就活体験談なるものを書かせていただきます。

皆さん、就職活動はいかがでしょうか。既に内定をいただいた、今就活始めたばかり、もう何十社もエントリーしたけどまだ決まらない、等々
いろんな方がこのブログを読んでいると思いますが、
私が就職活動をする上で大切にしていた事、それは「その企業の人間を見る事」です。

その企業が上場しているか、初任給が他と比べて高いのか、一流の大企業であるかなど私はそんなところは見ていませんでした。

就職活動においてたくさんの企業に触れ、実際に自分の目で見てきましたが、
オフィスバスターズという会社は他社とは違い「人間」というものを大事にしていたのです。

もちろんたった数回の面接でその人自身の事、会社の社風、待遇などわかるはずがありません。
そこで積極的に人事の方、役職を持った方との面接や食事、その他お話する機会等を通して、この会社がどんな会社なのかを知ろうとして
常に前のめりに聞いた結果、自然とこの会社に入りたいと感じていました。

また、オフィスバスターズのパンフレットの中に、
「大学時代に完璧に形成された人間などいない」
とありました。今でも覚えています。

就職活動を始めた頃はどんな風に自分のいいところをアピールしようとか、過去の栄光をアピールしようとか考えていましたが、そんな事はしなくていいのです。
自分は自分に対して甘くいいと思ったところは何一つありませんが、こんな自分を変えたい、こんな風に成長していく!と考え方を変えて話するようにしていきました。
このように素直に赤裸々に話せばいいと思います。

再度に自分の好きな言葉を記してこのブログを締めたいと思います。
「冬は必ず春となる」
みなさんの、就職活動が納得のいくものになるよう祈っております。
読んでいただきありがとうございました。