はじめまして!
2020年新卒の武内秀平(たけうちしゅうへい)です。
私が就職活動で経験してきた内容やその時どう感じたかなどをお伝えします。

私が就職活動を本格的に意識し始めたのは、3年時の10月頃でした。
当時は、自分自身でも行きたい業界というものが定まっていなかった為、合同企業説明会に参加し様々な業界の話を聞きました。

3年時の11月~2月までインターンシップを複数社で経験しました。部活が忙しかった為1dayインターンシップに絞りましたが貴重な経験をする事ができました。

インターンシップを通して感じた事は以下の2つです。
1つ目は、合同企業説明会とインターンシップ参加時の人事の印象は全く違っており、前者は「優しく、明るくふるまっている」ように感じたのに対し、後者は「明るい雰囲気を持ちながらも、真剣な目で参加者を見ている」と違いを明確に感じた事です。
2つ目は、企業研究をもっとしていけばよかったという事です。
どのような企業なのか、どのような事業を拡げていこうとしているのか、基本的な情報を頭に入れておくだけでそれ以降の就職活動にも影響してくると思います。

3年時の2月からは個別の会社説明会に参加するようになりました。
個別の会社説明会に参加するようになり感じた事は、個別の会社説明会はインターンシップ以上に会社の「人」を知る事ができる事と会社説明会時でも採用選考されている事も多く、事前の企業研究の大切さを感じた事です。

こういった経験をした中でオフィスバスターズと出会いました。
私は就職活動をする上で大事にしたい自分の価値観を重視して会社選びをしていました。
その価値観を大事にしてくれたのがオフィスバスターズでした。
オフィスバスターズは今まで受けてきた会社とは一風違いました。全く着飾らない会社だったのです。
ありのままを私たちに見せてくれたというのが決め手の一つとなりました。
そして説明会と面接をしていくうえで様々な方々と会話をできたというのもオフィスバスターズの良いところだと感じました。

最終的に企業選択の際、一部上場企業とオフィスバスターズの2択で迷いましたが、オフィスバスターズは自分自身が成長できると共に会社の将来性もあり面白いのではないか?というのが大きな決め手となり、オフィスバスターズへ入社を決意しました。

皆さんには自分の価値観において何が一番大事なのか、という事を常に心に持って就職活動をしてほしいと思います。