起業やオフィス移転やオフィスデザインやオフィスレイアウトを考える方へ中古オフィス家具と中古コピー機を販売します。

リユース部 M・M(女性)

経歴

2003年-2007年

関西にある某短期大学に入学後2年度に四年制大学へ編入

大学時代

英語の勉強がしたくて入学しましたが、第二外国語だった中国語にどっぷりはまり、4年生大学に編入しました。

編入後は1年間中国に留学していました。日本人が1人もいない大学へ留学し、現地の中学校で日本語教師のアルバイトもしていました。
中国語の会話能力はもちろんのこと、新しいことにチャレンジする勇気や度胸がつきました。

2009年

大学卒業

新卒社員としてオフィスバスターズに⼊社

面接官の「人の良さ」に強く惹かれ、入社を決めました。
10分程度の面接で採用の合否を決める企業が多い中、オフィスバスターズでは1~2時間、1対1でじっくり話を聞いてくれました。
自分のことを理解しようとしてくれている温かさを強く感じました。

リユース部

オフィス用OA機器の仕入部署に配属されました。
1年目は初めてのことばかりで、気疲れし毎日ヘトヘトでした。
そんな中、同じ部署の方々が丁寧に教えてくださったり、同じ本社にいた同期の仲間たちと励ましあったりして支えられてきました。

2010年

リユース部

私生活の話にはなりますが、入社2年目に結婚をし、その後子供を授かりました。
遅くまで仕事をすると体力的にも負担がかかるため、定時退勤を希望したところ定時で退勤できるようになりました。

私自身、先輩方や後輩などの協力を仰ぎながら日々業務効率を見直すことで、効率的に仕事を進めるように心がけました。

若い企業という事もあり、産休・育休の実績が無かったのですが、正社員として働き続けたいという希望もあったため上司に相談したところ、即座に対応していただき、育児休暇制度を利用し、2011年6月よりオフィスバスターズ初の産休・育休を取得しました。

2012年

リユース部

子供が6ヵ月の時に復帰しました。
定時は9時~18時だったのですが、18時退勤では保育園のお迎えに間に合わないため、復帰後数ヵ月は9時~17時で仕事をさせてもらいました。
その後は朝8時~の出社を認めていただき8時~17時を定時とし業務をしておりました。
ただ、復帰はしたものの「発熱したので迎えに来てください~」と保育園からのお呼び出しが月1~2回あり、今までのように仕事は進みませんでした。
そこで、いつお呼び出しがあっても対応できるように優先順位をつけて効率よく業務をこなしていきました。

2013年~2015年

リユース部

2人目の子供を授かることができ、再度育児休暇制度を取得しその後復帰しました。
体調の不安もあった為、一人目の時と同様に8時~17時で仕事をさせてもらいました。

2016年

リユース部

今まで本社勤務でしたが、千葉県柏市にある倉庫併設事務所に部署ごと移転になりました。
就業地が本社からより遠くなったため、交通の便も悪くこのままでは負担になるため仕事を続けられるかどうか不安になっていました。

そんな中どうすれば続けられるか相談し、話し合いが続きました。

そこで、遠方措置・子育支援として、9時~18時の8時間勤務の中、2時間を在宅勤務をすることになり、子育て、仕事と両立しています。

メッセージ

両親や親類が近くに住んでいない私にとって子育て・仕事の両立は厳しいものですが、仕事や私生活でも様々な人に支えられ両立をしながら日々頑張っています。
オフィスバスターズの社員は優しくて良い人が多く、採用面接ではじっくりと話を聞いてくれます。
そしてみんなが助けてくれます。
こんな環境だから、ここまで続けてこられたのだと感じています。

PAGETOP
Copyright © オフィスバスターズ All Rights Reserved.